ウイイレ5FE 攻略まとめ 得点のコツ

ウイイレ5FEについてまとめていきます。

本作はPS2の2作目ということもあり、かなり操作性が改善しています。前作より地に足付いたプレイができるようになりました。

では、攻撃方法についてまとめていきます。

今作の攻撃についてはどのパターンでもシュートまで持っていけます。まあ、前作同様にサイドアタックが基本の攻撃方法となると思いますが、中央へのスルーパスも結構通りますので、中央突破も効果的です。また、今作はドリブル突破がかなり期待できます。サイドも中央もどんどんドリブルを仕掛けてOKです。と、言ったように今作は攻撃方法の選択肢が豊富です。私的おすすめ攻撃はサイドも中央もワンツーでのスルーパス抜け出しが一番効果的かと思います。FWにそこそこスピードのある選手をおけばあとはドリブルでシュートまで持っていきやすくなりますね。

サイドアタックからのセンタリングについてまとめていきます。

今作のセンタリングはしっかりレーダーで中を確認が必須となります。ファー、ニア、グラウンダーの3パターンをきっちり使い分ける必要があります。結論的には、うまく使い分ければ全てゴールに繋がります。もちろん、ダッシュ中のセンタリングは精度が落ちるので、通常ドリブル中にセンタリングするように致しましょう。では、使い分けるポイントを説明していきます。

ペナルティエリア内に侵入していない場合、グラウンダーはやめましょう。高確率で相手に取られます。ペナルティエリア外でもライン際近くまで深く入り込んでしまった場合はファーへあげましょう。ただしこの位置からのセンタリングはキーパーに取られやすいです。ペナルティエリア外からのセンタリングはアーリークロス気味の位置(ペナルティエリア角あたり)から、ファーへあげましょう。一番入りやすいです。しかし、今作はセンタリングを上げさせないようなディフェンスをしてきます。前作のように切り返しでDFを振り切れなくなっています。うまくDFをかわしながらセンタリングを上げましょう。最悪バックパスをし、SBにアーリークロスを上げさせるのも結構うまくいきます。

ペナルティエリア内に侵入した場合、ニア、グラウンダーを中を見ながら選択しましょう。フライスルーパスの選択肢もあります。どのパターンでもゴールに繋がりやすいので、冷静に判断しましょう。

カットインや中央突破、スルーパス抜け出しからのシュートについてまとめていきます。

今作は前作よりもシュートまで持っていきやすいので、キーパーと一対一になることが多々あります。しかし、キックフェイントは使わないようにしましょう。ほとんど抜けません。選択肢としては通常のシュート、高弾道ループシュート、低弾道ループシュートの3択です。

通常のシュートはキーパーの位置次第となります。今作はキーパーの位置がかなり重要となります。シュートコースを打ち分ける必要があります。これがなかなか難しいです。一瞬で判断する必要があります。無理であれば、とにかく打ちまくりましょう。あと、低弾道、高弾道のループどちらも運の要素が強いです。キーパーの位置次第での使い分けとなりますが、力加減がうまくいっても結構枠から外れますので、ループシュートは運に委ねましょう。

次にセットプレイについてです。

コーナーキックは6、7割程度の力で蹴ればうまく合わせれそうですが、こちらは半分運みたいなところがあります。

今作の最大の攻略ポイントはフリーキックです。今作は前作以上にファウルをとってくれます。しかもペナルティエリア周辺でのファウル率が高いです。また、フリーキックもかなり入りやすいです。とにかくフリーキックの練習をしておきましょう。ロングパスやショートパスで合わせるのはあまりお勧めしません。キッカーの向きにパスが飛んでいかないので、35m以内であれば直接ゴールを狙いましょう。

23m以下は方向キーの下を押しながらゲージを6、7割程度まで貯めてシュートしましょう。29m以上は方向キーの上を押しながらゲージを6、7割程度まで貯めましょう。24〜28mは方向キーを押さないようにしましょう。

あと、カーブをかけるのもお勧めです。フリーキックは是非トレーニングで練習しておきましょう。

攻撃方法については以上となります。

守備について説明します。今作は相手のシュートはかなり入りやすいです。CPUですのでコースをきっちり狙ってきますからね。とにかくキーパーと一対一にならないよう、ドリブル突破やスルーパスに気をつけましょう。前作よりもセンタリングからのゴールが弱体化してますね。しかし、センタリングからも入りますので、上げさせないようにブロックしましょう。

ウイイレ5FEの攻略キーワード「ドリブル突破」「シュートコース」「フリーキック」

コメント

タイトルとURLをコピーしました